狛江ライフ

【レアもの?】狛江の特産品枝豆を初めて食べてみる。

ボクが住んでいる、狛江市は枝豆が特産品

だけども、近くのスーパーで狛江産の枝豆を見たことがありません。おまけにボクは枝豆を自分で茹でたこともない枝豆ビギナー。いつもは冷凍の枝豆を解凍して食べるのみです。

正直、枝豆なんて冷凍でいいだろ、と思っていました。が、ふと、特産品の枝豆が茹でたてだったら、どれだけおいしいのかが気になったので、売っているところを探して、茹でてみました。

狛江産枝豆を買った場所

狛江の野菜を買うんだったらココ!狛江駅から徒歩約5分のJAマインズショップ狛江店で購入しました。狛江に住んで1年、今回初めて利用しました。

営業時間は午前9時午後6時(日・祝午後5時)です。
ただし、狛江産枝豆は人気らしく、午前9~10時の間に買いに来ないと売り切れになってしまうとのことでした。お買い求めの際はご注意ください。
枝豆だけじゃなく、いろんな狛江産の野菜が売っていました。そして安い。

今回はお目当ての枝豆×2とトウモロコシがおいしそうなので、つい買ってしまいました。近くのスーパーで売っている茶豆の枝豆(生)が600円ぐらいだったので少しお得に感じました。

 

枝豆を茹でてみる。

生まれて初めて枝豆を茹でてみます。枝豆ビギナーのための紹介、自分の備忘録に枝豆1袋(250g~300g)の茹で方を記載します。

■1.枝豆の枝がついている側を切り落とします。1つ1つハサミで切っていきます。塩味がつきやすくなるらしいです。

■2.お湯1リットルに対して大さじ2杯の塩を用意します。今回は1.5リットルお湯を使うので大さじ3杯を用意します。
■3.大さじ1杯分の塩を使って、枝豆に揉み込みます。塩味をつけるのと、産毛などをとることが目的らしいです。
■4.揉み込みに使った残りの塩をすべてお湯に溶かして、枝豆を4~5分茹でます。茹で上がったらザルにあげます。水で冷やすのは水っぽくなってしまうのでNG
■5.試しに食べてみて、塩気が足りないようなら、少し塩をまぶします。
完成。
さて、さっそく茹でた枝豆を食べてみます。

まず、枝豆特有の甘い、いい匂いがします。触感はシャキシャキしていて、塩味と相まってとても甘く感じます。冷凍枝豆とは比べ物になりません。

これはビールが飲みたくなること間違いなし。ぜひ、おつまみに狛江産の枝豆をお試しいただきたいです。

余談ですが、トウモロコシも、甘くて、シャキシャキしていて、素晴らしくおいしかったです。

フライパンで茹でました。鮮やかな黄色。
茹でたトウモロコシをバター醬油で焼いたら、感動のうまさ。
新鮮な野菜を食べて感動するようになったのは、歳を重ねたせいでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。